ホームページの改修とかインストール手順とか

運営3年目に突入したe-yuuki.orgを改修しました. 見ての通りなんですが,具体的に何をしたかというと

Pico CMSを導入した.

PicoはPHPベースの超シンプルなCMSのひとつです. 特定のディレクトリにMarkdownで書いたファイルをポンと放り込むだけで 綺麗に整形して公開してくれます.e-yuuki.orgはさくらのレンタルサーバで 動かしていますが,追加でなにかをインストールするまでもなく tarballを展開するだけでほとんど導入が完了しました.すごい.

Markdownは楽

以前はHTMLベタ書きでやっていましたが,もう疲れました. Markdownで書いてからRubyのコンバータでHTMLへ変換して…… というのもやっていましたがそれでも負担は減らないので, いっそCMSへ移行しようというモチベーションが実はあったりします.

WordPressじゃだめだったのか

さくらのレンタルサーバならWordPressをお手軽にインストールできますが, WordPressの管理・保守をお手軽にできるとはとても思えないのでやめました. WordPressのように管理システムへのログイン画面を堂々とたたずませるよりも, 静的なHTMLコンテンツのほうがクラックされる恐れが少ないと踏んでいたからです. あと,WordPressへの攻撃事案を多く目撃していたというのもあります.

さくらのブログじゃだめだったのか

まずさくらインターネットの社員全員がさくらのブログを使って ドッグフードを食べるところからはじめようじゃないか.話はそれからだ.

コンテンツの移行

自分であまり使っていないソフトウェアの記事は以降せず捨てます. 本当に削除してしまうわけではなく,別ディレクトリに捨て置くような感じです. CygwinとかもうBash on Windowsが出てからは使ってないですもの. 「今更そんなの質問されても困る」みたいな記事は捨て捨て.

んで,インストール手順とかもういいでしょ

環境構築なら(情報は溢れるようにありますけど)未来の自分へのメモだと思って100000歩譲ってアリだとしても, インストール手順とかもう公式ドキュメントへのリンクを貼って終わりで いいんじゃないかと思ってきました. だって公式が一番詳しく書いているじゃないですか. どうしてわざわざ個人が書き直す必要があるんです? つまりそういうことです (バージョンアップごとにインストーラがちょっとだけ変わってたりするので, そんなのに付き合ってられるかという気持ちもある).

見栄えがいいと途端に説得力が増しますね

自分で書いた文書を眺めて,以前のものよりかなり綺麗に見えるので満足です. 思わず笑ってしまった.

ブログもやってみよう

Markdownでガシガシ書けるようになったのでこういうノリの文章とか カテゴライズするまでもない技術的なこととかを書いていきたい. Qiitaは退会しました.PicoがあるしわざわざQiitaでやる必要もないなと.

Twitterの青いボタンとかFacebookのいいねボタンとか

どうつけるんだろ.調べます.

はい

おわり.