日記 20171207


3時に寝て7時に起きた.4時間睡眠だけれどもこうでもしないと後ろに倒れた生活リズムを来春のために戻すことはできないのではないかと思う.入社1年目は9時出社が義務付けられているので,革命でも起こさない限りフレックス制は2年目以降だ.人間9時から働くいきものではないと思うのだが世間様は許してくれない.「9時に出社できないのでお布団持ち込んで会社で寝ます!!!!」と突然叫んだら制度も変わるだろうか.助けてくれ.


論文.basepkgの章に,つまり作ったソフトウェアについての話を書く段階になったので筆が進むというかページが埋まっていくというか.明日でどれだけ書けるかが勝負かもしれない.それはそれとして修論の締め切りが1月15日とかなのでそれもやらなければだめなんだけれど.

よく考えてみたら,修士でやった研究(?開発と言った方が適切か)の論文は英語しかないというかAsiaBSDConしかない気がする.そもそも日本語の論文を書く機会が英語のよりも少なかったような.ただ単に「分かる」人間がいわゆる学会のような場所には少ないから自然と遠ざかっただけにも思える.


ドストエフスキー『地下牢の手記』をオススメされたが大学図書館に無く,昨日は帰りが遅くて書店も閉まっていたので今日買った.

ぼくは意地悪どころか、結局、何者にもなれなかった――意地悪にも、お人好しにも、卑劣漢にも、正直者にも、英雄にも、虫けらにも。かくていま、ぼくは自分の片隅にひきこもって、残された人生を生きながら、およそ愚にもつかないひねくれた気休めに、わずかに刺戟を見出している、――賢い人間が本気で何者かになることなどできはしない、何かになれるのは馬鹿だけだ、などと。

やめてくれ.効く.