日記 20180503


ラップトップのキーボードとトラックポイントを1ヶ月ほど使った結果、 右手首が痛み出してきた。急遽秋葉原でキーボードとマウスをそろえる。

しかしこのBAROCCO MiSTELをNetBSD 8.0_RC1で使うと、2つの不具合に遭遇した。

まずキーボードの右半分しか認識されない。 Micro USBを使うのがダメらしく、左右両方をMini-BでPCへ接続すると両方とも認識した。

しかしこれはこれで、Fnキーの修飾が右半分しか効かないため、 チルダとバッククオートをタイプできない。 チルダはシェルでよく使うし、バッククオートはMarkdownでそこそこ書く機会がある。 日本語から変換するか、X11のなにかでキーをバインドするしかない。 どう設定すればいいか調べている。