仮想端末——rxvt-unicode

rxvt-unicodeはrxvtのcloneで、Unicodeの入力・出力に対応しています。2019年にNetBSDを触り始める方であればShift-JISやEUC-JPなどではなくUTF-8を環境変数LOCALEに設定するでしょう。


インストール

pkgsrc(7)ではx11/rxvt-unicodeパッケージで提供されています。

# cd /usr/pkgsrc/x11/rxvt-unicode
# make install clean clean-depends
コマンド名はurxvt(1)です。

設定ファイル $HOME/.Xdefaults

XXX: とても情報が古いかもしれない。

外観やフォントといったurxvt(1)の設定は$HOME/.Xdefaultsを編集しておこないます。

この設定例では、フォントはRictyを使いその大きさは12ポイントです。インプットメソッドにはIBUSを使い、背景色は黒、文字色は白で背景はやや透明になっています。全体的な色合いはテキストエディタVimの拡張カラースキームgruvboxのダークモードに合わせています。主にURxvt.fontURxvt.backgroundURxvt.foregroundを好みのものに変えていくことになるでしょう。

URxvt.termName: rxvt
URxvt.font:  xft: Ricty:size=12:antialias=true
URxvt.letterSpace: -1
URxvt.inputMethod: ibus
URxvt*preeditType: OverTheSpot
Urxvt*perl-ext: xim-onthespot
URxvt.depth: 32
URxvt.scrollBar: false
URxvt.cursorUnderline: true
URxvt*transparent: true
URxvt*shading: 30

URxvt.color0:               [90]#282828
URxvt.color1:               [90]#cc241d
URxvt.color2:               [90]#98971a
URxvt.color3:               [90]#d79921
URxvt.color4:               [90]#458588
URxvt.color5:               [90]#b16286
URxvt.color6:               [90]#689d6a
URxvt.color7:               [90]#a89984
URxvt.color8:               [90]#928374
URxvt.color9:               [90]#fb4934
URxvt.color10:              [90]#b8bb26
URxvt.color11:              [90]#fabd2f
URxvt.color12:              [90]#83a598
URxvt.color13:              [90]#d3869b
URxvt.color14:              [90]#8ec07c
URxvt.color15:              [90]#ebdbb2
URxvt.foreground:           [90]#ebdbb2
URxvt.background:           [90]#282828
URxvt.colorIT:              [90]#8ec07c
URxvt.colorBD:              [90]#d5c4a1
URxvt.colorUL:              [90]#83a598
URxvt.scrollColor:          [90]#504945

コピーとペースト

Ctrl-cとCtrl-vの代わりに、Ctrl-Alt-cとCtrl-Alt-vを使います。